既製品のワイシャツしか着ていない人必見!オーダーシャツをおすすめする理由

オーダーシャツをおすすめする理由シャツ
この記事を読むのに要する時間: 2

早速ですが今着ているそのワイシャツ、当然オーダーシャツですよね?

『え、既製品ですけど何か?』

なんて思っていたら本当に勿体ない!

せっかくスーツを着てピシッとしているのに、そのシャツでだらしなく見られてしまっているかもしれませんよ?

本記事ではその理由とオーダーシャツをおすすめする理由をご紹介します。

本記事の内容
  • 既製品とオーダーシャツの違い説明
  • メリット、デメリットを実例とともに紹介
  • オーダーシャツの注文の仕方と作れるお店紹介

また、シャツの前にスーツを作りたいよ!
という方であれば、こちらで紹介していますので参考にしてみてくださいね。

既製品とオーダーの違い

上の写真を見て下さい。ごく一般的なサラリーマンの写真ですよね。

『イケメンで体もがっしりしてそう、ただなんかもさっとしてる…』

そう思いませんでしたか?

その原因はずばりこちら!

この二の腕から脇にかけてのシャツのたるみ!

このせいでどうしてもおじさん臭さが出てしまうんですよね。

でもこれは既製品を着ている限りはどうしても付きまとってくる問題なのです。

なるべく多くの人が共通で着れるようになっているのが既製品であり、そのバランスにピッタリ合う体型をしている人なんてそう多くはいないからです。

体が細い方は一番小さいサイズを着てもウエストが余ったり、背が小さい人は首周りに合わせて選ぶと裾が長すぎたり…

私自身も体重50kgの所謂ガリガリで、身長も170cmと高くは言えないのでお気持ちは心中お察しします。

では、オーダーシャツならどうなのか。

オーダーシャツ

こちらは実際に作ったオーダーシャツを着ている私です。(いろいろ生活感丸出しですみません笑)

見ての通り非常に細い体型ですが、シャツには無駄なたるみ等なくスッキリ見えないでしょうか?

あまり多くは言いません。

この差を感じて頂けたあなたなら、既にオーダーシャツの良さを感じ始めていると思います!

オーダーシャツのメリット・デメリット

大まかな違いをお伝えしましたが、次は良い点・悪い点を簡潔に上げてみます。

メリット

  1. 見た目がカッコよくなる
  2. 着心地が良く体にFITする
  3. 自分好みの生地の柄、ボタンの色にできる

見た目がカッコよくなる

もうこれは、既製品との違いを読んで頂いたあなたなら分かって下さっているでしょう。

既製品とオーダーシャツの比較

一目瞭然ですよね!

そもそも筋肉もあればシャツは似合うのだと思いますが、筋肉をつけるには時間がかかる…

現状で最適化するには一番の近道だと思います!

着心地が良く体にFITする

私自身イケメンといわれる部類では全くなく体型も細いので、『スーツが似合わないな…』と思っていました。

でもオーダーシャツを着るようになってから、少し自分に自信が持てるようになり自然と背筋も伸びるようになったんです。

『なんでろう』と自分でも思い分析した結果、下記理由に行きつきました。

  • 自身:根拠なく選んでものではなく、しっかりプロに作ってもらった良いものを着ているから
  • 背筋:背筋を伸ばした状態でサイズを測るため、その状態がシャツにとって最適な形になっておりいつの間にか体がそれに合わせるから

体にFITする』、というのはスーツを着る上で非常に重要ポイントになるんです!

自分好みの生地の柄、ボタンの色にできる

服のボタン

日頃から『この襟の形がちょっとなぁ』とか、『このボタンの色があの色だったらなぁ』等思っていたあなたであれば最高のワイシャツを作ることが出来ます。

またそんな細かく考えたことなかった方でも、サンプルがあるのでそれらを見て想像を膨らませることができるので安心してください!

私が作成をお願いした『グローバルスタイル』さんであれば、62種類の襟型から選べちゃうのでむしろ迷いすぎてしまうくらいです。

ボタンの素材・色も多種多様なので迷ってしまいますが、自分だけのシャツになっていくのがワクワクして楽しいです!

デメリット

ここまでメリットを挙げてきましたが、デメリットもきちんとお伝えいたします。

  1. 既製品よりお金がかかる
  2. 仕上がるまでに時間がかかる
  3. 体型が変わると着られなくなる

既製品よりお金がかかる

お金

やはり人の手が細かく入る分、洋服の青山さんやAOKIさんといったお店より値段は高くなってしまいます。

参考までに私の購入金額を公開してしまうと、3着で18,144円でした。

3着ともオプション等は付けなかったので、1着税込み6,048円になります。

量販店のセール品等であれば1着2,000円くらいで買えちゃうものもあるので、それらから比べるとやはり高く見えてしまいます。

ただ、量販店でも少し良いものを買おうとすると5,000円台のものが多くなるので、正直オーダーで作れてこれくらいの差なら誤差かなと思っています。

仕上がるまでに時間がかかる

オーダーというだけあって仕方がない部分にはなりますが、既に出来上がっている物を調整するだけの既製品と比べるとはるかに時間はかかってしまいます。

私の時で注文してからだいたい1か月半程でした。

明日にも着ていくワイシャツがない!

といった人には向きませんね。

余裕を持って作れるときにぜひご検討ください。

仕上がりを待っている時間もオーダーの醍醐味かと思いますので。

しかしお店によっては早く仕上げてくれるオプションがある所もあるので、割高でも良ければご活用してみて下さい。

体型が変わると着られなくなる

体型が変わる

オーダーした時点の体型に合わせるわけですから、そこから体型が変わってしまうと着られなくなるのは当然と言えば当然ですよね。

既製品のように幅を持った作りではない分、体型変化への適応は難しいです。

なので、オーダーシャツを作った後は健康面のことも考えてトレーニングを始めてみるもの良いと思います。

実際私もジムを契約してトレーニングを始めています!

ただし、ハマり過ぎて筋肉の付け過ぎに要注意です!笑

オーダーの仕方

襟型やボタンの種類がたくさんある、と前述しましたが、ならどうやって注文すればいいんだよ!
って思いますよね。

なので私の実際のオーダー表を基に簡単にですがご紹介いたします。工程としては、

  1. 生地を決める
  2. 詳細なデザインを決める

となります。

生地を決める

選択可能な記事が壁などに飾ってありますので、実際に手に取って選ぶことができます。

追加料金なしであれば、だいたい白色か水色があるくらいですかね。

その他のカラーを選びたい場合は、少し値段が高い生地から選ぶことになると思います。

初めてであれば基本は白色でよいかと思いますので、後は素材の触り心地や柄の有無で選んでいけば問題ないです。

詳細なデザインを決める

生地が決まれば、後はデザインを決めていくだけです。

デザインを決めるためのオーダー項目はこちらになります。

オーダー項目
オーダー項目
  • 襟型
  • フロントデザイン
  • カフスデザイン
  • 袖タイプ、型
  • バックスタイル
  • ポケットデザイン

オプションとかが入ってくるとまた増えるとは思いますが、基本は上記になると思います。

それぞれ簡単に説明していくと、

襟型:ワイシャツの首周りの部分です。62種類以上の型がありますので色々なタイプを選べます。

フロントデザイン:ワイシャツの前面のデザインです。ポロシャツのように胸元までしか開かないようにするか全開きにするか、ボタンを見せるか見せないか、等を選びます。

カフスデザイン:手首の部分です。ボタンかカフスか、角を残すか切るか、等が選べます。

カフスボタンタイプ:付けるボタンの種類です。一般的なポリエステルボタンから貝ボタンまで幅広くあります。

袖タイプ・型:腕周りの太さですね。太いか細いかなどになります。

バックスタイル:ワイシャツの後面のデザインです。タックをいれるかいれないか、サイドか中央か等が選べます。

ポケットデザイン:胸ポケットの有無や形を選べます。

『結構たくさんあってめんどくさそうだなぁ』

って少し思いましたよね。

でもご安心を!

私が実際にオーダーした時のオーダー表をこちらに載せておきます!

オーダー表まとめ

襟型のレギュラーがどんな形か、等は下記の店舗HPで説明されてますので、そちらを見つつ参考にして頂けると嬉しいです!

オーダーシャツ1枚5,600円(税込6,160円)から|オーダースーツ専門店 GlobalStyle
オーダーシャツのページです。1枚5,600円~(3枚16,800円~)からお仕立ていただけるGlobal Style(グローバルスタイル)のオーダーシャツ。既製品と違い、タイドアップした時の首への“締め付け”が無く、快適な立体的襟元を実現します。また体型に合わせて腕回り、ウエスト回り、アームホールのフィット感を自由に変...

お店紹介

GINZA Global Style

オーダースーツ専門店 GlobalStyle
オーダースーツならグローバルスタイル(Global Style)。メンズ・レディース・キッズの本格オーダースーツが1着2万円台~!約5,000種類の生地をリーズナブルな価格でご用意しております。東京・横浜・埼玉・千葉・静岡・名古屋・大阪・奈良・京都・神戸・広島・福岡・札幌・仙台など全国32店舗に展開。

こちらのグローバルスタイルさんは、前述でも紹介していた私がお世話になった店です。

値段は使用する生地のランクによって若干変わってはしまいますが、3着で18,144円が最安だと思います。

ランクのイメージとして、ローランクは無地の白色や水色、たまに柄ありといったあたり。

ミドルランクからは、細かな柄や色のバリエーションが増えたり生地自体も良いものになっている感じです。

私は3着購入で安くなるセールを2回使用しましたが、どちらも上記の値段でした。

オーダースーツSADA

スーツ&サービス-オーダースーツSADA

こちらは最近流行りのスーツ店ですね。

私はまだ伺ったことはないですが、評判も良く安いと噂ですね!

最安だと1着20,000円程で作れるようなので、こちらで様子見をしてからグローバルスタイルさんでちょっと良いものを。という流れでも良いかなと思います。

【初回限定】メンズオーダーシャツ オールシーズン定番(綿50%/ポリエステル50%)

オーダースーツのSuit Ya

オーダースーツのSuit Ya|ネットで簡単オーダーメイド!
SuitYaでは、ネットでオーダースーツ29800円~、オーダーシャツ3980円~注文できます。生地・デザイン・サイズを自由にオーダーメイド!レディース、初回クーポン有。来店不要で、体にジャストサイズのオーダースーツやオーダーシャツをネット注文してみませんか?

この記事を見て下さっている方の場合ほとんどないかもしれませんが、オーダースーツを作るのにも慣れて自分のサイズもほぼ把握している、といった方はこちらでネット注文するのもありだと思います。

やはり人件費がかからない分、高いランクの生地が手に届くレベルで提供されているからです。

今はこんなのもあるんだなと見ておいてもらうだけで良いとは思います。

オーダーシャツの 見栄えは生地とサイズ感。 高級生地オーダーシャツが4,980円~

まとめ

この記事では、オーダースーツについて見て頂きました。

改めて、オーダースーツのメリット・デメリットは下記になります。

メリット
  1. 見た目がカッコよくなる
  2. 着る度気分が上がり、背筋がピンとなる
  3. 話のネタになる
デメリット
  1. 既製品よりお金がかかる
  2. 仕上がるまでに時間がかかる
  3. 体型が変わる着られなくなる

もし悩んでいる理由が時間や金銭面ではなく、気にはなるけど何となく店舗に行きづらい、みたいなものでしたら今すぐ行かれることをオススメします!

使用する生地やシャツのデザイン等細かい仕様は店員さんが分かりやすく説明してくれるので、自分の好みを伝えれば問題なしです。

あなたが良いオーダーシャツライフを送れることを祈っています。

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ

コメント